基本システム

基本システム

体力ゲージ

霊力ゲージ

怪奇ゲージ

スペルゲージ

移動

立ち

何も押していない、ニュートラルの状態です。

歩き

方向キーを前方向か後方向に入力すると前後に移動します。
入力している間は歩き続け、離すと立ち止まります。

ダッシュ

6を素早く2回、もしくは6+霊力ボタンで、歩きよりも速く前進します。
ダッシュ入力と同時にグレイズ状態になり、相手の射撃攻撃をすり抜けることができます。

バックステップ

4を素早く2回、もしくは4+霊力ボタンで、歩きよりも速く後退します。

飛翔

上昇・下降

急上昇・急降下

受け身

スタン

コンボ中に表示されるStun値が100%になると、スタン状態になります。
スタン中はめくりオートガードあり(両方とも?)。

  • 立スタン

  • 寝スタン

攻撃と防御

攻撃属性

打撃

主に格闘技や武器を使った直接攻撃に設定されている属性です。
グレイズできない代わりに、攻撃範囲が狭いのが特徴です。
必殺技・スペルカードの打撃は、ガードされても少しだけ相手の体力を削れます。

射撃

主に飛び道具や霊力を霊力を使う間接攻撃に設定されている属性です。
攻撃範囲は広めですが、グレイズで回避できるのが特徴です。
また、ガードされても少しだけ相手の体力を削れます。

特殊攻撃

連撃

中央高度かつ近距離で打撃ボタンを連打すると、次々に技が出て連続技になります。
最後に出す技は、方向キーを組み合わせることで種類が変化します。

組み技

互いに中央軸かつ至近距離で前方向キーと打撃を同時に押すと、ガードで防げない技で攻撃します。
組み技を受ける側は、つかまれた瞬間に前方向キーと打撃を押すと振りほどくことができます。
  • ダッシュ中に組み技を入力してもダッシュ打撃となるので、一度入力を解除する必要があります。
  • 相手がガード硬直中の場合は、組み技は発生しません。

弾幕展開

射撃ボタンを長押しすると、「弾幕展開」状態になります。
弾幕展開中は、自動的に弾幕を放ちます。
弾幕展開中に前方向キーを押しながら射撃ボタンを離すと、溜め射撃を放ちます。
方向キーを押さずに射撃ボタンを離した場合は、溜め射撃は出ません。

オカルトアタック

マスター側かつ怪奇ゲージが満タンの時に怪奇ボタンを短く押すと、霊力を1つ消費してオカルトアタックを放ちます。
怪奇ゲージは消費しませんが、怪奇ゲージを使った行動が一定時間できなくなります。
  • 深秘録でのオカルトボールを2つ所持していた時のオカルトアタックと同等の性能のようです。

スペルカード宣言

マスター側かつスペルゲージが1本以上の時に、打撃と射撃ボタン、もしくは射撃と必殺技ボタンを押すと、スペルカード攻撃をするための準備を行います。

スペルカード攻撃

マスター側かつスペルカード宣言中に、打撃と射撃ボタン、もしくは射撃と必殺技ボタンを押すと、スペルカード攻撃を放ちます。
キャラクターセレクト時に選択した技を繰り出します。

怪ラストワード

ガード

通常ガード

相手の攻撃を受ける前に後ろ方向キーを入力していると、攻撃をガードできます。
組み技やガードできない技もあります。

結界ガード

ガード中に後ろ方向キーと霊力ボタンを同時に押すと、結界ガードします。
霊力を1つ消費しますが、相手を押し返して距離を取れます。

弾幕回避

ガード中に後ろ方向以外のキーと霊力ボタンを同時に押すと、弾幕回避します。
霊力を1つ消費して、射撃に対して無敵になりつつ移動します。

ガード耐久値

スレイブのみにある要素で、攻撃をガードし続けると減少し、時間経過で回復します。
ガード耐久値がすべて削られると、後述のガードクラッシュが発生します。

ガードクラッシュ

スレイブが攻撃をガードし続けてガード耐久値がすべて削られると、ガードクラッシュが発生します。
一定時間無防備になり、完全憑依も解除されてしまいます。
(現状、怪奇ゲージが残っているうちにガードクラッシュが発生しても、完全憑依が解除されない模様。おそらくバグ?)

完全憑依

  • マスター
   怪奇ゲージが徐々に回復していきます。
   コンボ当てると出現する憑依珠を回収するとゲージが回復します。
   スレイブのアイコンが灰色の時、怪奇ゲージが使用禁止になっている時は、憑依技を使えません。
  • スレイブ
   白体力ゲージが自動的に回復します。
   怪奇ゲージが徐々に減少していき、怪奇ゲージが空になると強制的にマスターに戻ります。

憑依発動・解除

ニュートラル時に怪ボタン長押しで、マスターとスレイブを入れ替えます。
マスター側は、怪奇ゲージMAXの時のみ使えます。
  • スレイブからマスターに入れ替わる場合のみ、短時間の無敵があります。

霊撃憑依

マスター側が怪奇ゲージMAXの時、ガード中に怪ボタン長押しで、スレイブと交代しながら自身の周辺を攻撃する衝撃波を放ちます。
  • スペルカード、怪ラストワードは、最終弾のみ霊撃憑依が可能です。

すり替え憑依

マスター側が怪奇ゲージMAXの時、攻撃を受けてよろけている間に怪奇ボタンを押すと、怪奇ゲージを50%消費して控えていたキャラクターと交代しつつ後ろに下がります。
相手のコンボから抜け出せますが、無敵はごく短時間かつ、入れ替わった後の数瞬は無防備なので、そのまま攻撃を続けて受けてしまう可能性もあります。
  • スペルカードに対しては使えません。

打撃憑依

打撃中に憑依ボタン長押しで、控えていたキャラクターが交代しつつ打撃を行います。
発動場所によって、控えていたキャラクターの攻撃方向と、相手が吹き飛ぶ方向が変化します。
ヒット後は長い受け身不能時間があるので、追撃が可能です。

射撃憑依

打撃中に怪奇ボタン長押しで、控えていたキャラクターが交代しつつ射撃を放ちます。

憑依必殺技

マスター側が怪奇ゲージMAXの時に方向キーと怪奇ボタン短押しで、スレイブが一時的に交代して必殺技を放ちます。
霊力を1つ消費し、怪奇ゲージを使った行動が一定時間できなくなります。
使える必殺技および対応する方向キーは、キャラクター毎に決まっています。

スペル憑依

スペルゲージがMAXでスペルカード宣言を行っていた時に、怪奇ゲージを25%消費してできる行動です。
マスターがスペルカードを中断し、スレイブが交代してスペルカードを発動します。
スレイブが使うスペルカードは、キャラクター毎に固定されています。

深秘録からの変更点

  • Stun値100%で強制的にスタンする
  • スタン時はスペルカードのみ追撃可能
  • 早口宣言、割り込み宣言は削除
  • 起き上がり時のめくりオートガードあり


編集・修正コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-05-17 23:57:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード